カテゴリ:父( 25 )

さようなら・・・☆

12月21日(土)AM1:30に、父が亡くなりました・・・。
来年1月30日で93歳になるはずでしたが、1ヶ月あまりを残して、誕生日を迎えることなく母の待っている天国に旅立ちました。

ちょっと前には、リハビリ効果もあって少しずつ流動食も食べられるようになって来ていて、姉と一緒に喜んでいた所でした。
この22日(日)に、病院に行く予定で姉と約束をしていましたが、その日曜日に顔を合わす前の夜中に急変して、夜中1時半に駆けつけましたが間に合いませんでした・・・。

私は、子供の頃から父が大好きで、中学生、高校生になっても苦手な英語の訳を教えてもらいに、本を読んでいる父の所に行ったものでした。
父は、とても頭のいい人で分からないことは父に聞けば、ほとんどの事は解決できるのでした。

娘たちが小学校の時に、難しい漢字の読み方を宿題に出されて(クイズみたいな形で)、誰に聞いても分からなくて困ったことがありました。学校に行くその朝になっても分からずに娘が「仙台のおじいちゃんに聞いたら教えてくれるかも知れない・・・」と言ったので、朝早くにもかかわらず仙台に電話しました。
電話に出た父に、これとあれと・・・と感じを3つ言って、なんて読むの?・・・と尋ねると、すぐに、それは○○○だ・・・!」と考える間なく答えを教えてくれました。

それ以来、分からない事はおじいちゃんに聞けばいい・・・という暗黙のルールが出来ました。

背が高いわけでなく、男前でもない父でしたが、私は父が大好きで、父のような人と結婚したいとずっと思っていました。(そうなったかどうかは、ご想像にお任せしますが・・・)
優しくいつも穏やかで、頭が良くてもけっして驕ることなく、周りの多くの人から慕われていました。
頭が良くてもカタブツではなくて、ユーモアもあって、私がスヌーピーを好きになるきっかけを作ってくれたのも父でした。
大学生のときに、近鉄と巨人戦のオープン戦があるから行こう~!・・・とおねだりして一緒にプロ野球試合を見に行ったりもしました。

どんな時にも、そばで暖かく見守ってくれていた父・・・。

もう、あの優しい父に会えないと思うと、胸がつぶされそうになります。

でも、受け止めなければいけない現実です・・・。

悲しくて、悲しくて・・・しばらくは、父のことを思い出して泣いてもいいですか・・・・?

天国で、首を長くして待っている母と無事に会えているといいな・・・。

お父さん・・・お父さん・・・お父さん・・・さようなら。

さようなら・・・・。

by satoko29526 | 2013-12-25 00:34 | | Comments(7)

父のリハビリ・・・☆

今日は、父の病院でリハビリを開始しているという話を前々から伺っていたので、その様子を見に行ってきました・・・001.gif

最初に入院した病院では、大腸からの出血ということで、点滴の毎日でほとんどベッドに寝たきりの状態でした。点滴だけの毎日で入れ歯もはずされ食事もなく、遅々として進まない診療に私と姉は多少の疑問も感じながらも病院の治療に任せていました。

私たちは素人だし、お医者様の指示に従うのが当たり前ですから父の回復を待ち続けていました・・・045.gif
なかなか進展しないまま5ヶ月が過ぎ、何とか退院しましたが結果的には歩けなくなり、車椅子生活になりました。入院前は杖を突きながらも一人で歩けていたのに・・・025.gif

その時は、無事に退院しましたが数ヶ月で再び入院となりました。今回は、自力で食事が飲み込めなくなり、流動食も取ることが出来なくなったので、施設ではこれ以上の介護は出来ないと判断し再度の入院となりました。

2回目の病院は最初の病院のベッドが空いていないとの事で高槻の病院に入院しました。
高槻の病院は、最新式の設備を整えあらゆる所で行き届いた対応をして下さいました・・・043.gif

看護師や介助の人たちなど充分の人たちの心温かい気配りや対応に、本当に嬉しく思いました。

姉と私は、前の病院との違いに驚きながらも、本当に感謝していました・・・045.gif

でも、父のほとんどを管理している姉がここの病院に通うにはあまりにも遠くて、少し足が痛む姉にとっては、往復4時間近い通院は大変なものでした・・・042.gif
さんざん悩んで悩んで、やっぱり姉の家の近くの病院に転院をお願いしようと考えて、今の大阪市内の病院に転院しました。

今回の病院は、高槻の病院から比べると、建物もかなり古そうで、都心の中にあってかなり小さなビルの病院でした・・・009.gif
設備もお世辞にも近代的とは言いがたいもので、事務処理や領収書なども手書きでした。
姉と私は、お見舞いに通うのを最優先したのだから、まぁ~仕方ないかな・・・とあきらめの境地で、見た目にあまりのもショボイ病院の建物を見上げるのでした・・・026.gif

しかし、実際に入院してからの看護師の方々やいろいろお世話して下さる方々の、対応や治療など本当に丁寧で優しく、心温かいものでした・・・043.gif

今日、父がどんなリハビリをやっているのが見たくて、朝9時に病院に行きました。

f0177125_029216.jpg

最初の病院では、寝たきり状態でリハビリどころか、どっちかと言うと放ったらかしでしたが、ゆっくりと車椅子に座らせてもらってエレベーターから降りてきた父は、ゆっくりと足のひざの伸ばしから、(ひざが固まってきて曲がらなくなっているので)足首のマッサージ、そしてゆっくりと立ち上がる練習などなど、1時間半以上丁寧にして下さいました・・・043.gif

見た目よりも、はるかに中味の濃いい病院の対応や診療に、私の姉は心から安心して喜んでいます・・・060.gif

朝8時前に家を出て、ラッシュアワーの時間帯かも・・・と思いながら最寄り駅について電車に乗りましたが、昨日の東京の品川駅の同じ8時のラッシュアワーと、ローカルな私の街の駅とでは雲泥の差でした・・・037.gif

f0177125_0345128.jpg


やっぱり、山田むらはローカルだねぇ~・・・037.gif

by satoko29526 | 2013-11-27 00:36 | | Comments(0)

施設退居・・・☆

2011年3月の東日本大震災で仙台から大阪に移り住んだ父が、いろいろな手続きが無事に済んで介護施設に入所できたのが2011年の4月の末でした・・・045.gif

なんとか元気に過ごした1年半後に大腸炎で救急車で運ばれ緊急入院しました・・・005.gif
ずっと点滴の毎日で、ベッドに寝たきりになり足腰も弱って、5ヶ月後の退院の時は車椅子生活になりました。

5ヶ月かかって退院して、無事に施設に戻れて本当に喜んでいたのでした・・・043.gif

しかし、その5ヶ月間で入れ歯を外したのがきっかけで、口でモノを食べる事が困難になり自分でスプーンやお箸を持って自力で食べることも困難になってしまいました・・・025.gif

一時的に、施設の戻れたものの、食事や飲み物を取らなくなってしまい、施設でこのまま居ることは脱水症状を起こす危険になり、再び緊急入院しました。

ホッとしたつかの間の5ヶ月間でした・・・045.gif

胃瘻の処置も困難という事で、鼻から管を通して栄養を体に取り入れる生活になりました。
胃瘻であれば施設のに戻ることも可能だったのですが、鼻から管を通す処置は危険が伴うために、施設で生活するのは出来ないそうです。

今は、姉の近くの病院に転院して入院していますが、もう施設に戻ることはないでしょう・・・026.gif

今の病院は、療養病院で終身で入院することができます。
このまま、施設には戻らすにずっとこの病院で過ごすことになります・・・・ずっと・・・。

施設にいつか戻れることを願って、ずっと月々の費用を払い続けていましたが、もう戻ることもないので、昨日と今日と二日かかって父の部屋の中の家具や衣類など、あらゆる物を処分して片付けました・・・042.gif

ダイニングテーブルと椅子(2脚)、整理タンス2つ、小型冷蔵庫、仙台から送った32インチテレビ、布団一式、そのほか夏物&冬物の「パジャマや下着類各7枚づつ・・・などなど、山のような量の衣類を処分しました・・・045.gif

家具なども運び出し、残りの整理タンスは施設に寄付して退居しました。
居心地の良さそうな部屋が、ガランと空っぽになりました・・・009.gif
f0177125_21253091.jpg


2年半あまりの施設の生活でしたが、職員の方々の暖かい介護と介助で、父は本当に幸せだったと思います。もう二度とこの施設に戻ることはないと思いますが、私も姉もここでの父の生活のことをきっと忘れないでしょう・・・045.gif

本当にありがとうございました・・・001.gif

by satoko29526 | 2013-10-14 21:31 | | Comments(0)

転院•••☆

今日、父の病院の転院を無事済ませました。
朝早く、高槻市の病院に行き、退院のための手続きや荷物の片付けなどバタバタと済ませていると、今回入院する病院からのお迎えの車が着きました。

転院の時は、こちら側が自分で車の手配をするものだとばかり思っていましたが、病院側の暖かい配慮を頂き、心から感謝の気持ちでいっぱいでした。
わざわざ大阪市内から高槻まで来て頂く事が、大変な事だという事がよく分かるだけに本当に暖かい心遣いに感謝でした。

無事に入院して、担当医の先生からお話しを伺いました。
父の診断書など、今現在の状況などの医療的資料は高槻の病院から届いているので目を通して下さっていました。
こちらでも担当医は女性の先生で、無駄のないテキパキと説明して下さる様子は、聞いていた姉と私も安心していました。

とりあえず無事転院出来ましたので、次は施設の退所の手続きと家具や荷物の引っ越しです。
そして、住民票を移して完了です。

ひとつひとつゆっくりですが、解決しています。

終わったあと、ダッシュで帰って来てレッスンに突入〜!
はぁ〜レッスンも無事済ませ、ヤレヤレ…お疲れ様でした(^_^)

by satoko29526 | 2013-10-05 00:58 | | Comments(0)

住民票・・・☆

昨日も、父の病院に行ってきました・・・045.gif
相変わらず、目をつぶってじ~っとしている父です。鼻から栄養を取るための管を入れて、一日中いろいろな点滴をしています。

入所していた施設に、いずれ戻れたらいいなぁ~・・・と姉と一緒に期待していましたが、胃瘻も出来ないとなると今の状態のままでは施設に戻るのは困難になっています・・・026.gif

姉の近くの病院に転院を希望していますが、施設にはもう戻れないのなら施設も退所しなくてはいけなくなります。

東日本大震災のために仙台から今の施設に入所して住民票を茨城市に移しましたが、震災のための特定位置特例法で施設への住民票移動は認められましたが、施設を退所するとなると、今度の父の住民票が移す場所がありません・・・025.gif

仮に、姉の住所に父の住民票を移しても、姉の住所では特定位置特例法が認められないので、今までにかかったすべての介護保険料や医療保険の1割負担金の残り9割を請求されることになります。

膨大な金額になり、(おそらく数百万円ぐらい)一時的とはいえ、そんな高額費用を出せるわけがありません・・・005.gif

今は、まだ施設に籍を置いているので大丈夫ですが、もう施設に戻れないとなると、毎月々の施設費を払い続けているのも勿体ないので、なんとかしなくてはいけないのですが、大変厳しい状況です・・・009.gif

とりあえず、今は転院を受け入れてくれる病院を探してから、次への問題解決に向かいます。
なかなか遅々として進まず、仙台の父の家の片付けや処分にしても、まだまだ問題は山積みです・・・。

おまけに私の喉の調子も悪くて再び耳鼻科に行くと、また声帯を痛めてしまったようで、声がうまく出ません。
なので、今日はコーラスの練習をお休みです・・・002.gif

なんだかうまく行かない時は、いろいろと重なるもんですね・・・026.gif

昨日は朝から病院に出かけて、帰ってきたのはレッスンの30分前・・・。
今日も自治会のお手伝いやレッスンも詰まっているし、頑張らねば・・・045.gif

by satoko29526 | 2013-09-12 11:04 | | Comments(0)

鼻から栄養を・・・☆

先週の土曜日、8月31日(土)に緊急入院した父・・・009.gif
1日(日)には、少ない食事を(ペースト状)なんとか1時間ぐらいかかって食べていましたが、昨日姉が病院に行った時には、飲み込むのさえ出来なくなってしまいました・・・025.gif

口の中に入れても、それをゴックン~!・・・と飲み込むことが出来ないのです。

栄養の食事を口から取るのが一番いのですが、飲み込むことが出来きないとなると、胃瘻をするしかないのですが、レントゲン検査の結果、父の胃の状態が通常の人と違っていて、胃瘻の手術も出来ませんと言われました・・・026.gif

リスクの多い胃瘻ですが、それさえ出来ないとなると、栄養を摂取するには鼻から管を入れて取るしかありません・・・045.gif

今日、病院に行ってみると鼻から管を入れた状態で点滴のように栄養に入ったビニール袋がぶら下げられていました。
ポツン、ポツン・・・と、本当に少しずつ少しずつ体の中に入っていきます。

ますます反応がなくなって、じ~っと目をつぶっていますが、話しかけるとやっと分かるぐらいの小さな声で返事してくれます・・・045.gif
眠くて目をつぶっているのか分かりませんが、筋力がすっかり落ちてしまい、スプーンを持つ力さえありません・・・025.gif

姉が片道1時間40分もかかって病院に通うのが大変なので、転院の希望を出しています。病院同士の連携で姉の家の近くの病院に転院することが出来ると、かなり助かります。

今度の病院は、ナース詰所に繋がる隣にある部屋で、なにかあったらすぐに対処してくれて安心ですし、どの看護師の方も優しくて丁寧に接してくださるのがなにより嬉しいです・・・001.gif

by satoko29526 | 2013-09-06 23:49 | | Comments(0)

再び、入院・・・☆

食欲がなくなり食べなくなっていた父ですが、月曜日に施設の主治医の先生に見て頂き、相談してから入院するかどうか相談の予定でしたが、あまりにも食べない&飲まない状態に危険を感じて急遽土曜日の今日に入院することになりました・・・045.gif

前回入院していた病院がベッドの空きがなくて入れなかったので、入院&治療のしてもらえる病院を探すのに大変でした・・・042.gif
施設の方が、あっちこっちの病院に問合せをして下さり、高槻の病院に入院することが出来ました・・・045.gif

姉が朝早く施設に行き、介護タクシーで病院まで搬送しました。私は朝からのレッスンを11時30分に済ませてから、施設に入院に必要なものを取りに行き、山ほどのタオル類やパジャマや入院に必要なものを車で運びました。

とりあえず、初診断で数種類の点滴を受けていましたが、このままの状態が続くうようであれば「胃瘻」を・・・というお話になりました。

今後のこともあり、家族の承諾書なるものにも姉と一緒にサインしました。
延命処置についての処置で、心臓マッサージをするか?、人工呼吸器をつけるか?などなど・・・。

人工呼吸器を一度つけたら、外せなくなる可能性もあり、「胃瘻」も、本人に大きなリスクが伴いますので・・・と説明を受けました。

難しい判断です・・・026.gif

今のところは、父の意識もハッキリしていて、会話もなんとか判読できますが、口からの栄養補給は困難な状態です。

明日も、朝から施設に必要なものを取りに行き病院に行きます・・・045.gif

父に、「また来るからね~♪」と話しかけると、小さな声で「楽しみに待っているからね・・・」と返事してくれました・・・001.gif

by satoko29526 | 2013-09-01 01:30 | | Comments(0)

食欲減退・・・☆

昨日は、月一回の父の病院通いの日でした・・・001.gif
この所、とくに何の問題もなく過ごして来た父でしたが、最近の暑さのせいではなく、食欲がかなり落ちてきている父でした・・・009.gif

f0177125_1491865.jpg

施設の職員のお話では、自分で口に持って行くのもしんどそう(めんどくさいのかも・・・)で、すぐに止まってしまい、結局は職員の方の介助で食事をとっている状態です・・・026.gif

7~8割ぐらいは食べるそうですが、その時々で半分ぐらいしか食べない時もあるそうで、もともとそれほどない食事の量ですので、職員の方は水分不足で脱水症状になってしまわないか、かなり心配して下さいました・・・045.gif

病院で、いつものバルーン交換と一緒に、内科で血液検査もして頂き、体の状態が悪くなっていないか調べてもらいました。
心配していた脱水症状はギリギリのラインで大丈夫でしたので、栄養補給も兼ねて点滴をすることになりました。

病院がいつもよりも患者さんが多くて、点滴室の7つあるベッドも満員でした・・・005.gif
連日のこの暑さで、体調を崩す人も多いでしょうね。

思いのほか時間がかかってしまいました。時間もお昼になってしまい、点滴の針を動かしてしまわないように、姉と交代で父の様子を見ながら、売店で買ったしょぼいサンドイッチと菓子パンを食べました・・・045.gif

もっと早く終わる予定だったので、姉と一緒にランチできるはずが残念・・・002.gif
点滴も終わり、父を介護タクシーに乗せて施設に戻ってきました。

お昼の食事時間をはるかに過ぎていましたが、連絡をしていましたので父の分の食事を待っていて下さいました・・・001.gif
本当に、いつも暖かくて親切な対応で迎えて下さいますので感謝の気持ちでいっぱいです。
施設の中の廊下などには、入所されている方々の楽しそうな写真が飾られていて、その季節ごとの飾りもされています・・・043.gif
車椅子になってからの父の写真もちゃんとあって、ちょっと嬉しかったです・・・037.gif

昔は、恰幅のいい体型の父でしたが、最近はすっかりやせ細ってしまいました・・・025.gif
もう少し頑張って食べてね・・・お父さん~♪ また来るからね・・・と施設を後にしました。

姉を駅まで送り、用事を済ませて帰ってくると、レッスンまで40分弱・・・ぎゃっ!!
晩ご飯の支度をする暇もなく、小休止のあとレッスン突入でした・・・042.gif

by satoko29526 | 2013-08-24 14:13 | | Comments(0)

納涼祭~♪

連日の猛暑・・・皆さまお元気でお過ごしでしょうか・・・?

ホントに暑いです・・・口から出る言葉は「暑い・熱い・アツイ・・・!!」しかないです・・・020.gif

しかし、暑いといっても涼しくはならないので、この頃は、なんだか暑さにも慣れてしまったような気がしないでもありませんね・・・042.gif

そんな今日は、父の施設の納涼祭に行ってきました・・・043.gif

f0177125_061652.jpg


去年も行ったのですが、今年は職員の方々がお昼の食事以外に、たこ焼きやかき氷・綿菓子を用意してくださいました。
遊びも、ヨーヨーつりや輪投げなど、いろんな遊びを用意して下さり、ゲームすると自分のカードに得点を書き込みます。
父は、相変わらず無口でなにも語りませんが、お昼ご飯もしっかり全部完食しました・・・001.gif

5ヶ月間入院した時に、はずしたままの入れ歯が合わなくなってから入れ歯を入れるのを嫌がり、それ以来入れ歯がない状態で、ウメボシじいさんなっています・・・037.gif

そんな父のために食事も柔らかく食べやすいように作って下さっています。
食べる量は減っていますが、食欲はあるようでたこ焼きもしっかり食べましたよ~・・・029.gif

来週もいつものバルーン交換で病院に行きますので、また来るからね~♪・・・と言って帰ってきました。

by satoko29526 | 2013-08-12 00:13 | | Comments(0)

夜中の電話・・・☆

今日の今朝方早く、つまりの夜中の3時30分頃に突然電話が鳴りました・・・005.gif

大抵は、夜中の電話は緊急時が多いですよね。何事か・・・!!と飛び起きて出ました。

父の入所している施設の職員の方からの電話でした。「○○(施設の名前)ですが・・・」と言われて、一瞬・・・もしや父に緊急の事態が・・・・と気になり心臓がバクバクしました・・・008.gif

なんでも、夜中に歩けないはずの父が、ベッドから一人で起き上がって自分の部屋から出て、廊下を二つ先の隣の部屋のあたりまで歩いて行ったそうです・・・005.gif

父は、昨年の緊急入院の時に5ヶ月間寝たきりで、トイレにも行けずにずっと尿道感に管が入っている状態でした。退院の時に、高齢(92歳)な事もあり今の状態から管を外すと、尿がでなくなる可能性があります・・・と言われ、尿道感に管を入れたまま退院しました。そのためバルーンを4週間に一回交換するために病院に行かなくてはいけないのです・・・045.gif

来週がその予定でしたが、今回の夜中にベッドから一人で勝手に起き上がって歩いたため、ベッドに固定されている尿道感と繋がっていて尿を溜めている袋が引っ張られて出血してしまいました・・・025.gif

夜中の電話では、状態がまだ分からないので救急車で病院に行きますが、その後の事はまたお知らせします・・・と一旦電話は切れました。

いつも火曜日は早く起きる日で5時40分に目覚ましをかけていたのですが、それよりも2時間も早く起こされ、悶々としながら朝になりました・・・026.gif

夜中に救急車で緊急搬送されましたが、一応処置だけして施設に帰ったそうです。朝になって連絡があり、姉と一緒に病院で待ち合わせして、介護タクシーで連れてきた父を再び主治医に診察をして頂きました。

診察の結果、無理に引っ張ったので出血していますが大丈夫だそうで、感染予防のために点滴をして起きます・・・と言われ、とりあえず入院にならないで済みそうなので姉と私はホット胸をなで下ろしました・・・042.gif

やっと退院できたばかりなのに、また入院になったらどうしよう・・・と思っていましたがホッとしました・・・045.gif
点滴が終わるまで待って、施設に連れて行き少しだけ様子を見て帰ってきました・・・042.gif

帰ってから少しの休憩後、レッスンが始まり、とりあえずレッスンに支障もなく無事に一日が終わりました・・・やれやれです~・・・029.gif
無事に施設に帰ってきてベッドに横になっている父に・・・「お父さん・・・歩けるじゃん~!やればできるね~♪」と声をかけましたが、なんの返事もなく、しわくちゃでさらに細くなった目で寝ているんだか起きているんだかわかりませんでした・・・037.gif

f0177125_022180.jpg

by satoko29526 | 2013-07-03 00:23 | | Comments(0)