2016年 12月 20日 ( 1 )

腰椎神経根造影ブロック注射・・・☆

今日は、先週予約していた椎間板ヘルニアの原因になっている神経を刺激している部分の原因を確かめるための神経根造影ブロック注射うちに行って来ました・・・045.gif

ネットでの解説は以下の通りです。
「目的」
症状の原因になっていると考えられる神経根の周囲に造影剤や薬物を注入して、その神経根が臀部痛や下肢痛の原因かどうか確認するため、および、神経根の状態を詳細に見て、今後の治療・手術の部位・方法を決める参考にするための検査です。治療の目的で神経の周りに局所麻酔剤とステロイドホルモンなどの薬物を注入する場合があります。
「方法」
点滴を行います。体位は側臥位あるいは腹臥位になります。針の刺入部を中心に消毒します。X線透視をしながら腰に針を刺し、神経根の周囲に造影剤を注入します。神経を刺激するためにやや痛みを伴います。治療を目的にしている場合には、神経根の周囲に薬物を追加注入します。

自分の腰の骨のレントゲン画像をモニターで見ながら注射の針をさす位置を確認しているのが見えています・・・005.gif
麻酔の注射もかなり痛かったけど、神経根に注入している時はもっと痛かった・・・007.gif
右足のいつも痛みが来る時と同じように痛みが大きく走る時になったら言って下さい・・・って言われてその最大の痛みを待っているって超緊張です・・・いつくるかいつくるか・・・って・・・025.gif

しばらくして、来ました!!ズキ~~ン!!っと。

時間にしてみたら15~20分ぐらいなんでしょうけど、はぁ~1時間ぐらいに感じた気がします・・・はい・・・042.gif
とりあえず麻酔をしているので歩くのは危ないので・・・と車いすに乗せられて安静にする部屋へ。
そこで1時間安静に過ごした後帰って来ました。

しかし、しかし・・・帰りの方が来る時よりもずっと痛みがきつくてホント歩けなかった・・・002.gif
這うようにして歩いてやっとの思いでタクシー乗り場に行き無事帰って来ました・・・045.gif

次の病院の予約の29日まで、
検査後は痛みやしびれの変化を確認するため、ブロック後、いつもの痛みがどれくらいの期間楽になったか、痛みやしびれが全部あるいは一部だけでも楽になったか、痛みやしびれの取れない部分があるか、あるいはブロックの効果が全く無かったか等々自分でしっかり覚えておいて先生に報告しなくてはいけません。

痛みが軽減されれば回復していくでしょうし、痛みが変わらなければ手術の方向で・・・となります。

今日は帰ってから3人だけのレッスンだったので助かりました・・・029.gif
座って出来るお仕事で本当に良かったなぁ~って思います。元気に動き回ってレッスンされている先生もたくさんいらっしゃるでしょうけど、今の私は全く立つのもしんどいので座っていることをお許し下さいませ~・・・043.gif

by satoko29526 | 2016-12-20 21:24 | 日常 | Comments(2)