名医との出会い・・・☆

何年もの間、アレルギー性鼻炎に悩まされて、そのつど良いだろうと思われる治療を続けてきました。

そのたびに、多少の改善はあったものの、今から思えば一時的に症状が良くなっただけで根本的な改善にはなっていませんでした・・・045.gif

鼻中核湾曲症は、18歳ぐらいまでの骨が成長している年齢には現れません。
骨の成長が止まり、重い頭を支えているうちにその重さが鼻にかかり、背骨の間の軟骨が年とともに減少したり薄くなってくるのと同じように、その重さに押されて曲がってくるのです。

普通の人でも多少の曲がりは誰にでもあるそうですが、その曲がり方がひどくて、交差点の曲がり角レベルの曲がり具合で、その角はさらに狭くなっていて私の右の鼻は万年詰まっている状態でした・・・002.gif

アレルギーの原因になっているアレルゲンの免疫をつけて治療する、減感作療法も5年間ぐらい通って治療しましたが、良くなったのは初めの数年で、徐々にアレルギー反応が大きくなってきました。

そのつどあっちこっちの耳鼻科に通い、自慢じゃないけど耳鼻科の診察券は5枚も持っています・・・037.gif
辛い症状を改善してもらえる先生を探して探して、最後のH先生にたどり着きました。
私の鼻の状態やこれまでの状況の説明を聞いて、適切で明快な説明と治療をして下さいました。
私が納得のいく治療をして下さったので感激でした・・・043.gif

でも、結局根本的な所の、鼻中核の湾曲を改善しないことにはアレルギーが起こるたびに酷くなる鼻づまりは改善しないのです。
H先生に、これを治すには手術しかありません・・・と言われ、悩みましたが主人とも相談して手術することにしました・・・045.gif

H先生に紹介状を書いて頂き、地域の公立病院に行きました。
そこで、紹介して頂いたT先生との出会いがありました。H先生は「とても立派な偉い先生ですよ・・・!」と言われていました。偉い先生・・・と思い想像するに、きっと恰幅のいい年配の先生だろうなぁ~・・・と思っていましたが、実際にT先生にお目にかかってみると全くイメージが違っていました・・・005.gif

思っていたよりもずっとお若く(たぶん40代後半ぐらい)て、とても穏やかでお話の仕方が素敵な先生でした・・・016.gif
手術に至るまでの検査や全身麻酔のための検査は本当にビックリするぐらいのたくさんの項目がありました。
それを全部終えて、「ぎりぎり心臓はオッケーですね・・・。」と言われ全身麻酔の許可がおりました・・・042.gif

手術する前に私はネットで「鼻中核湾曲症について」「鼻中核湾曲症の手術について」などなど、調べまくりました。
実際、この手術を受けている人が年間でたくさんいると言う事実にも驚きました。そして、その手術を受けた人たちの体験ブログなども公開されていて、いろいろな様子を読んで知ることが出来ました。

とにかく、首から上の手術なので当然出血の量が多い・・・と言うのは、その人も書かれていました。
手術のあと、おびただしい量のガーゼを鼻の中に詰められて、そのあとさらに丸めた脱脂綿を入り口まで詰めるのですが、その脱脂綿がすぐに血液で一杯になるのでそれをそのつど交換しなくてはいけない。その量は、バケツに一杯になるほどらしいです・・・005.gif
私は、バケツ一杯の出血の量・・・と言うのを覚悟して手術を受けました。

しかし、私が出血で真っ赤になった脱脂綿を取り替えたのは、たったの一回でした。
ほとんど出血がなくて、手術後2日たってガーゼを取り外した時でさえ、ほとんど出血がありませんでした・・・005.gif
バケツ一杯・・・バケツ一杯・・・と、かなり精一杯の覚悟をしていたのに、えっ?なんで・・・?と思ってしまいました。

要するに、T先生は素晴らしい名医だと言うことが分かった瞬間でした。
鼻の近くには、太い血管が通っているので気をつけないと出血がひどくなってしまうそうです。
慎重に慎重に丁寧に手術をして下さり、その結果予定の3時間を1時間オーバーの4時間になってしまったのでしょうね。

退院後、かかりつけの耳鼻科の先生の所に吸入に行くように言われて、すぐ行って来ました。今度は病院から渡された紹介状を持ってです。

いつものかかりつけのH先生は、私の鼻の中を見て「ほぉ~!素晴らしい!!前と全然違いますね・・・!」と言われました。私が、「T先生は本当に名医ですね。」と言うと、H先生は、「名医だから紹介したんですよ~」と。

手術後の出血や痛みもほとんどなく、軽い頭痛があったものの覚悟していたはずの手術の痛みやおびただしい出血には全く縁がありませんでした。

私の鼻は、こんなにもたくさんの空気が鼻から入ってくるんだ・・・・と、改めて感激してしまうぐらいの快適さです・・・043.gif
これなら、アレルギー性鼻炎の発作が起こっても、きっとなんなく乗り越えることが出来るでしょう・・・045.gif

かかりつけの耳鼻科のH先生、そして大きな病院の耳鼻科の主任部長のT先生・・・私は、世に言う名医と呼ばれる先生に出会うことが出来て本当に幸せです・・・053.gif

今日、退院後初めての診察に行って来ました。内視鏡で術後の検査などをして頂き、順調に回復しているようです。次は2週間後に再び検診です。
はぁ~・・・本当に快適・・・今は、ただただどんどん良くなっている感触に感激です・・・038.gif

by satoko29526 | 2014-01-25 01:23 | 日常 | Comments(4)

Commented by wanne at 2014-01-25 16:46 x
退院おめでとうございます。
よかったですね。
今年は気持ちを新たに
ますますご活躍ください。
Commented by satoko29526 at 2014-01-26 01:06
wanneさん、ありがとうございます。良い先生と出会えたことは本当に幸せだったと思います。これからは。よる年波に負けないように頑張りたいと思います(笑)
Commented by N・谷 at 2014-01-26 09:43 x
こんにちは。
困難な手術を克服され、お元気にされているので
とても嬉しいです。
これからは思い切り歌えますね♪
Commented by satoko29526 at 2014-01-28 01:09
N谷さん、ありがとうございます。本当にこんなに快適になるのが分かっていたら、もっと早くにこの先生方と出会いたかったです。今週からやっとコーラスにも復活で歌えます。