発表会曲の編曲・・・☆

発表会の曲も、大きい子から始まって小さい子たちもこれから順に渡していきます・・・001.gif
今年、発表会デビューのちびっ子たち、初出場の生徒が10人います。
幼稚園の年中や年長からレッスンを始めた子や、小学校の高学年になってから習い始めた子など年齢は様々ですが、まだ初歩レベルなので同じ程度の曲がたくさん必要になってきます・・・045.gif

しかし、ちょうどよい曲ってそういくつもないんですよね・・・026.gif
ちょっと難しかったり、易しすぎたり、また長さが短すぎてあっという間に終わってしまったり・・・と。

そこで、いつものちょっと(大幅に)手を加えて、ちょうどよい曲に編曲してしまいます。
これやると、本当に使いやすくなって便利です・・・043.gif
たとえば、リラ・フレチャー教本の中の「山のうた」を、5年生から習い始めた生徒のためにアレンジして小節数を増やしてみました。適度の長さと曲も少し面白くなったかなぁ~・・・037.gif
f0177125_12145852.jpg

そして、もう一つはオルガン・ピアノ3の中の「人魚の歌」
f0177125_12152395.jpg

ト長調、8分の6拍子を、ハ長調、4分の3拍子に変えました。
こうすると同じ曲なのに、すいぶん易しい曲になって初歩の生徒でも弾ける曲になります。
生徒一人ずつにちょうど合った曲を選曲するのは本当に大変ですが、みんなが気に入って楽しくピアノを弾いてくれるといいなぁ~と思います・・・043.gif

このあと、連弾の選曲やミュージックベルのアレンジもあると思うので、まだまだ頑張らなくちゃね・・・045.gif

by satoko29526 | 2013-02-24 12:24 | レッスン | Comments(0)