素敵な生き方・・・☆

今日は、お勉強会グループ「ラ・メール」の日です・・・001.gif
f0177125_1375596.jpg

今日のテーマは・・・65歳から声楽を習い始められて現在82歳になられるYさんのお話と歌声・・・・でした。
メンバーのF先生が声楽レッスンの伴奏をされているところからお話が進み、素敵な生き方をされている方がいらっしゃるので感動をお話を是非に皆さんにもお聞かせしたい・・・と言うことから今日のお勉強会にお招きすることになりました・・・043.gif

演奏していただいた曲は、モーツァルトの「アレルヤ」とグノーの「アヴェ・マリア」です。

82歳とは思えないような澄み切った歌声と音域の高さで、姿勢もよくとても若々しい印象です。
小さいときから歌が大好きで、お母様がご飯の時間だから探しに出かけてみると、お宮さんの階段のところで歌っていた・・・というエピソードも聞かせて下さいました。

このモーツァルトの「アレルヤ」には、深い思い出があって、
子供のときにお母様が「オーケストラの少女」と言う映画に連れて行ってくれて
当時は戦争中で娯楽などがない時代だったので、とっても嬉しかったそうです。

主役のディアナ・ダービンと一緒に映画の中に入っていく自分がいたそうです。
その中で演奏されたチャイコフスキーのピアノコンチェルト冒頭部分を聴くと
すっかり、その少女時代の気持ちになってしまいます・・・とお話しされました。

その映画の中で、ディアナ・ダービンが「アレルヤ」を歌いだすんです。
のちに、父が「アレルヤ」のレコードを買ってきてくれて、当時は大きな音を出せない時代だったので毛布をかぶって(ルチア・ポップの吹き替え)聴きました。
いつかこの歌を歌いたいなぁ・・・とずっと思っていて、
今は、あのときの「アレルヤ」が歌えるんだ・・・と思うととっても嬉しいです・・・と
キラキラと目を輝かせてお話して下さいました・・・043.gif

先生にレッスンをして頂くようになって、先生が開拓して下さっているので自分の知らない何かが次から次に出てくるので、次はどんな新しい発見があるのか・・・と楽しみになるんですと言われました。

歌えるようになって分かってきだしたら、もっと追求してもと歌えるようになるんじゃないか・・・とずっと今でも思って続けているんです・・・と。

今は、風邪を引いたら歌えなくなるから、体調管理には気をつけているそうです。

歳を重ねてきても、その自分の計り知れない発展に意欲を持って挑戦し続けているYさんは、本当に素敵な方で素晴らしい人生を歩んでいるかただなぁ~・・・と人生の先輩として私も見習わなくては・・・と思いました。

ラ・メールのメンバー全員は、Yさんのお話と歌声でとっても大きなパワーと元気を頂きました。
今年も残り少なくなってきましたが、来年も引き続き勉強を続けて、進化していく自分を楽しみにしていきたいと思います・・・045.gif

by satoko29526 | 2012-11-10 01:40 | ラ・メール | Comments(0)