50年前の教則本・・・☆

今来ている生徒さんの紹介で、小学校5年生のお友達が新しくレッスンに来てくれることになりました・・・001.gifその生徒さんのお宅は私の家から歩いて10分ほどの所に出来た新しいマンションで、数年前に出来たマンションです。すでにそのマンションからレッスンに来てくれている生徒さんも何人かいて、新しいマンションが出来ると生徒さんの輪が広がって嬉しいですね~。

新しい生徒さん、しかも以前レッスンされているケースがよくありますが、そんな時の教材・・・皆さんはどのようにされているんでしょう・・・?前に使われていた教本も、まだ新しい場合は続けて使わないと勿体ないですよね。もう終わりぐらいまで行っていると、形をかえて・・・と私が使いやすい教本に変えることも多いです。
今回の生徒さんは、3年ほどのブランンクがあるのでこちらにお任せで教本を決めさせて頂くことにしました。

教材も生徒の年齢や理解度によってさまざまな教本を使い分けていますが、ここ数年あらためてよく出来ている本だなぁ~・・・と思っているのが「オルガン・ピアノの本」シリーズです。2冊目に入ったら急に難しくなるでしょう・・・・?と言われる方も多いですが、ひとつひとつステップアップする所では必ず難しいと思う所が出てきますが、そこでしっかり出来るようになるまで時間をかけて丁寧にレッスンすると、必ず大きな力になるような気がします。小さい生徒さんには大きめの音符の楽譜がやっぱり分かりやすくていいですね~・・・043.gif

順序立てて進んで行く教本内容は、うまくバイエル後半からブルグミュラーヘとつなげて行けて、あらためて本当によく出来た教本だと思います。

実は、この「オルガン・ピアノの本」・・・・私も小さい時にヤマハ音楽教室で使っていまして、今でもその時の全く同じ本が残っているんです。
f0177125_1101753.jpg

本のタイトルこそ変わっていますが、内容は全く今のと同じで変わっていないんですよ~・・・045.gif左側はボロボロになったのでガムテープで補修してあります。
f0177125_111221.jpg
f0177125_1113443.jpg

この本は昭和35年10月に再版されているものですから、私・・・そのとき今でいう年長さん(5~6歳)ですね。
調べてみるとヤマハ音楽教室が最初に開講されたのが昭和34年12月だそうで、たぶん私はヤマハ音楽教室の初年度の生徒になるのでは・・・・?と思います。監修は中田喜直先生ですね~・・・005.gif
昭和35年ですよ・・・・ははは・・・・お分かりになる方いらっしゃいます~・・・・012.gif今から50年ほど前の話です・・・。いやはや恐ろしいです・・・・半世紀ですよ・・・人間化石に近くなって来ているかも・・・・。
そんな50年も前からある教本で、今でもなお使われ続けている教本・・・・考えてみればすごいベストセラーですよね~・・・他にそんなにないと思うんです。

今回新しく来て下さる生徒さんにこの教本を使うかどうか、進度を検討しながら決めて行きたいと思いますが、あれこれ教本を考える時も、また楽し~・・・です・・・・016.gif

by satoko29526 | 2009-08-26 01:26 | 教材 | Comments(2)

Commented by のりのり at 2009-08-28 00:22 x
私、自分が幼稚園の時使ってた、それ、今でも持ってるんですよ!
そう私のも250円のはず。
今も、まったく同じ内容ですよね。
それに驚いて、私も調べたことあるんですよ。
この本はいったい、いつが初版なのかって。
すると、私は音楽教室が出来て初期の生徒だったんだなあと、
判明したわけです。

ぼろぼろだし、
むちゃくちゃな字で落書きはしているし
当時のシールは、なめて貼るものだったし、
でもすごく思い入れがあって、半世紀近くになっても私の手元にはあるんですよ。

Fujiwaraさ~ん
同じ時代を生きて、今もこれをもってる人がいて
とって、嬉しいです!!!
Commented by satoko29526 at 2009-08-28 23:50
のりのりさん、こんばんは。
ん~・・・なんだか嬉しいです~♪全く同じ時期に
同じ教本でピアノを習っていたんですね~。
本当にボロボロですが、あと残っているのは黄色バイエルです。
今と同じビニールのカバーのかかっているものですが
これもボロボロです・・・・(笑)

そうそう~昔のシールはなめて貼るものでしたよね。
幼稚園の出席帳もそういうシールでした。
同じ時代に生きて、こうしてめぐり合えたのも
本当に嬉しいです~!!